労働時間 1分単位 判例

現代の労働環境に対応した、1分単位の労務管理や残業代支払に対応した打刻や労務管理の方法を3つ紹介しました。 本稿に掲げた手法が全てではないかもしれませんが、是非、自社に合った1分単位で労働時間管理や残業代支払を行える方法を構築して、 未払い残業代に対するリスクを低減していって下さい 。 つまり、1ヶ月で約800円分の無賃労働があるわけですね。12ヶ月だと、12ヶ月×800円ですから、9,600円です。 「たかが3分程度なんだから、いいじゃないか」と思う人もいるかもしれないけれども、積算するとそれなりの金額になる。余談ですが、月800円だと、Google Driveの200GBプランを利用できますね。 なぜ、5分管理や15分管理がダメで、1 「1ヶ月における時間外労働の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ(30分)以上を1時間に切り上げることは、「常に労働者の不利になるものではなく、事務簡素化を目的としたものと認められるから、法第24条及び第37条の違反としては取り扱わない」(昭63.3.14基発第150号) 30分単位、15 1日単位ではわずかな時間でも、 積み重なると多額の残業代に発展する可能性もあります。 だから、原則として法定労働時間を超える労働については、 たとえ1分でも割増賃金を支払わなければなりません。 そして、毎日の残業ごとに分単位の集計をすることが必要なのです。 しかし、多くの会社はここまでは知らないので、残業時間の端数処理を.