法事 引き出物 のし

法事のお返しマナー・法要のお返しマナーのページ。法事法要のお返しののしの表書き・のし紙の書き方を解説し、人気の品物(お菓子・商品券は?)を紹介します。引出物を用意するほか、法事・法要後に会食・お斎でもてなすこともお返しの一つです。 法事の際の引き出物はどんなのしをつけどんな物を選んだよいか迷いますよね。法事は初七日から始まり四十九日、一周忌、七回忌、十三回忌から三十三回忌と続きます。そこで今回は法事の引き出物の基本マナーをお伝えします。 「法事マナー」のページ。法事・法要の準備(手配、お供え、お布施、引き出物、食事・料理)及び、法事・法要の流れ、施主の挨拶の例、参列の際の香典(のし)の表書きとマナー、金額の相場、仏教仏式および神道神式の法要などを説明します。 法事の引き出物マナー【2】のしの書き方 . 法事の引き出物(お返し)について、その金額相場、のし(熨斗)の表書きの書き方・マナー、ふさわしい品物・ギフト、逆に控えた方が良い品物、ギフトについてまで詳しく解説します。 また、熨斗は薄墨で書いたほうがいいか、身内にも引き出物は必要なのか、など疑問・質問にもお答えします。

法事では故人のご冥福を祈ってご供養を行ないます。法事では守るべきさまざまなしきたりがあります。今回は参列者のかたにお配りする引き出物について詳しくご説明いたします。どんな品物が最適なのか?人気なのか?定番人気ならどれか?法事の引き出物についての解説です。 法事の引出物は、法事に参列していただいた方々にお礼の気持ちを込めて渡す品物です。昔はさまざまなしきたりがあったようですが、最近は自由なお品を贈ることができるようになってきました。法事の引出物のマナーやおすすめのお品をご紹介します。 法事の引き出物マナーでは、のしの書き方も注意してみてください。 のしの表書きは、「志」を記載するのが一般的のようです。 しかし、西日本など地域によっては、「粗供養」と記載する場合もあります。